オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
どんな人が求められているか
打ち合わせ

現在の雇用情勢が厳しい中、何かスキルを身に付けたいと思い、税理士事務所への転職を希望される人もいることでしょう。
では税理士事務所ではどのような人が求められているのでしょうか。
 税理士事務所の求人の多くは税理士事務所での経験がある人は、顧問先の会計帳簿の作成またはチェック、税金の申告書の作成など税務関係の諸手続きができることが求められます。
未経験の人は簿記あるいは税理士の資格取得のための勉強をしているかどうかは一つのポイントとなります。
それはこの仕事をしていく上で、ある程度の簿記と税金の知識は不可欠だからです。
また現在は申告書の作成等は、パソコンを使用して作成するのがほとんどなので、パソコンの操作ができることも必要となります。
 またこの業界はサービス業ですから、お客様に対して気持ちよく接することができる人であることも大事です。
社会人としての基本的なマナーができているかどうか、といったことも求められます。
 税理士事務所への転職はこのようなことを踏まえて、その事務所の求人がどのような人材を求めているかを見極めて転職をするのかを決めることが大事かと思います。

税理士へ転職するための取り組み

税理士へ転職するための取り組みについて説明していきます。
税理士とは税を扱うスペシャリストになります。
転職するためには、税理士の国家資格を取得しなければいけないです。
ですので、1つめの取り組みが資格取得になってきます。
この資格は、難易度が高く、ある程度、勉強時間が必要になってきます。
最低でも2年から3年間は必要になってくる場合が多いです。
また、受験資格もクリアしなければいけないです。
受験資格については、いくつかありますので、情報収集をして受験資格をクリアできているのか確認します。
もし、受験資格をクリアできていなければ、それをクリアすることも必要になってきます。
資格の勉強は、独学でも可能ですけど、難易度が高いですので、なるべく通信講座や専門のスクールに通って行うようにします。
その方が、早く合格できる可能性があります。
このように、まずは国家資格を取得していきます。
次の取り組みとしては、求人探しがあります。
そして、求人を見つける事ができれば採用試験を受けたいという意思を伝えて、採用試験を受けます。
税理士の求人というのは、そこまで多くはないです。
ですので、採用試験に通りやすくするために、面接の練習も徹底的に行っていく必要があります。
また、いきなり正社員ではなくて、アルバイトの求人に応募して経験を積むと言うことも取り組みとしては大事になってきます。
経験を積む事ができれば、そこで正社員の求人に応募します。